トリキュラーを服用して肌荒れやにきび改善

避妊効果を持つとして知られているピルのうちの一つのトリキュラーですが、これには他にもいろんな効果をもたらすとされています。黄体ホルモンや卵胞ホルモンが配合されている事で、ホルモンバランスの調整をしていきますから、生理周期の改善や不快な症状などの軽減にも役立ちます。生理痛が重いという人にもかなりの緩和があるとされるので、使っている人もいるかもしれません。

それ以外にもトリキュラーには効果があります。男性ホルモンが優位になると皮脂も分泌がされやすくなるのですが、女性ホルモンが配合されているピルを飲む事で、男性ホルモンの作用が抑えられるので、にきびの改善にも繋がるのです。飲み続けていく事で避妊だけではなくて、肌荒れなどの肌状態の改善もできるのであれば女性としても嬉しいものです。実際にニキビ治療にも使われたりしますが、期間としては大体1~3ヶ月ぐらい続けていくのが一般的になります。改善度合いは各個人の状態にもよりますので、にきびの治療用として利用を検討している時には、一度医師と相談してみるといいでしょう。

ただし、これも正しくトリキュラーを服用していくということが前提になります。トリキュラーに関してはシートに三種類の錠剤が入っています。それに、1から21、または1から28と数字も書いてありますので、その数字の順番に沿って飲まないといけません。ピル全般としては、規則正しく一定時間に飲む事で効果があります。そしてトリキュラーは三相性という女性ホルモンの変化に合わせて作られたものなので、きちんと順序良く飲む必要があります。しっかり正しく飲み方を理解して、避妊効果や肌荒れなどに役立ててみて下さい。

トリキュラーで生理痛緩和

トリキュラーは避妊薬として知られていますが、生理痛緩和にも力になってくれます。生理痛は多くの女性が悩みに抱える問題ですが、その痛みにもレベルがあります。量の多い日にだけ、若干痛みを感じる軽い程度もあれば、日常生活に支障をきたすレベルの痛みを感じるケースもあります。

婦人科などに相談する悩みとしても、月経痛はとても多いものです。経血を押し出す子宮による収縮や、骨盤の内側のうっ血を押し出すなどの子宮の収縮ではありますが、痛みがひどくなると、体も辛いですし心までブルーになります。生理痛と簡単に言いますが、感じ方や痛む場所は人それぞれです。

病院などでは、生理痛の緩和治療として、トリキュラーを処方してくれることがあります。トリキュラーを飲むことにより、体内における女性ホルモンの変動が軽減されます。そのため血液内におけるホルモンの量も、自然な状態より安定します。急激に女性ホルモンが乱れることによって、自律神経も乱れていきます。これが、生理痛にもつながるのです。

しかしトリキュラーを飲むことによって、そのツラい状態は緩和されることになります。肉体的な面だけではなく、精神的にもイライラした感情も落ち着いて、不快な症状はやわらぐことになります。子宮内膜の厚みによって痛みが起こるのも、トリキュラーの作用によって、その厚みが減っていきます。そうなると、生理のときの経血の量も減っていきます。

生理期間というのは、多くの経血があるために、女性は貧血も起こしやすくなります。しかし、トリキュラーの作用によって、そんな貧血の症状も、今までよりも軽くなっていきます。生理痛はトリキュラーの力を借りながら、温めたりしてケアしていくことです。

トリキュラーには禁忌薬ありますか?

ピルにもいろいろと種類がありますが、日本で一番よく利用されているのはトリキュラーという三相性タイプのものになります。シートも21錠タイプと28錠のタイプがありますので、使いやすいものを利用していくといいでしょう。きちんと正しく服用していく事で、ほぼ100%に近い避妊効果が得られるというのは、利用する女性側としてはとても心強いものです。

そんなトリキュラーですが、これも薬の一つになります。利用したいと思っても、薬や日頃飲んでいるサプリメントと何か飲み合わせなどがあるのではないだろうかと気になるのではないでしょうか。医療機関で処方をしてもらう前に診察が行われますので、その時に他の病気で治療中であるとか、服用している薬があれば申告しましょう。

基本的にドラッグストアや薬局などで一般的に市販されている風邪薬などや、塗り薬や貼り薬などの外用薬に関しては特に問題はありません。ですが、一部サプリメントや病院で使われる薬で、使用不可とまでは言わなくても、効果に影響を与えるものがあります。トリキュラーそのものに影響を与える場合もあれば、片方の薬に対して影響を与える場合があります。

抗生物質の一部や、結核の治療薬でもあるリファンピシン、てんかんの予防や治療に使われる薬剤などを使うと、トリキュラーの成分の吸収を妨げたり、またはその逆で効果を促進しすぎて副作用を強めてしまう場合があります。避妊のためにピルを使用しようと考えているのに、他の病気の治療のために結局余り効果がなかったという事になりかねません。今ピルを利用している場合と、今後使う場合とでは状況が異なりますが、きちんと診察を受ける前には服用しているものは正しく申告をして治療を受け、ピルも使いましょう。

■薬は通販で購入
アフターピルを通販しよう

トップページへ