トリキュラーの毒性と下痢について

トリキュラーの毒性に関してはほとんど報告がないのでリスクが低いとされているのですが、基本的に低用量ピルには毒性がなく、副作用としてはホルモンバランスが変化することによる血栓症のリスクが高まるというものがほとんどです。下痢に関しては不安や抑うつ傾向に伴って起きることがあるのですが、トリキュラーの服用を続けていると自然に収まります。また飲み忘れをした場合には気分が悪くなったり、不正出血が起きる場合があるのですが、これはトリキュラーの毒性のためではなく、体のホルモンバランスが崩れることで起きる現象なので、医療機関などを受診して専門医に相談をすると適切な処置を受けることができます。下痢の原因はほとんどの場合が食中毒や風邪などのウイルスが原因のものなのですが、ホルモンバランスが崩れることで自律神経が乱れて下痢を起こしやすくすることもあります。トリキュラーは一般的には低用量ピルとして服用されているもので、避妊用ピルとしてよりも婦人科の病気を改善するために処方されることが多くなっています。トリキュラーを服用すると子宮内膜に受精しにくくなるので妊娠を防ぐことができます。しかし医療機関で避妊用としての処方を受けるためには理由を説明したりする必要があるので、個人輸入をして入手する女性も増えています。トリキュラーをネット販売で購入する場合の注意点としては、成分が本来のトリキュラーとは異なっていることがあるということで、その場合には効果がないばかりでなく、用量が安定しないことで副作用が出る可能性もあります。トリキュラーの服用を希望する場合には医療機関を受診して処方を受けることが望ましいとされています。

トップページへ