トリキュラーは不正出血などの副作用がある?

トリキュラーは望まない妊娠をしないための、女性が積極的に避妊できる低用量ピルで、婦人科や女性外来などでも処方してもらえますが、ネットなどの通販で比較的安く購入できます。

毎日飲まなければ意味がないので、なるべく安く購入できるのは嬉しいメリットです。

トリキュラーを服用していくことは、避妊以外にも女性の体にとって様々なメリットがあるのをご存知でしょうか。

生理過多の場合、出血量を抑えることで貧血の症状を軽くしたり、卵巣癌や卵巣嚢腫、子宮体癌などの予防になったり、閉経後の女性にとっては更年期障害の症状の改善や、骨粗鬆症などの予防にもなります。

また、ホルモンバランスの乱れにより引き起こされるニキビなどの肌トラブルの改善にも役立つと言われています。

トリキュラーは排卵が起こる作用を抑制する働きがあるので、服用をやめると卵巣が動き出して排卵するので、妊娠を考えているのであれば2~3ヶ月ほどで通常の状態に戻り、服用したからといって妊娠に影響することはありません。

しかし、ホルモンバランスを人工的に調節する作用があるので、個人差はありますが副作用として不正出血などが起こる場合があります。

それ以外にも、吐き気や頭痛などの症状が現れることもありますが、薬に体が慣れてくれば時期に収まります。
ただ、トリキュラーを飲み忘れると不正出血が起こることもありますので、注意してください。

服用によって起こる不正出血は、ホルモン環境が変化したことによるものなのであまり慌てる必要はありませんが、あまりに量が多かったりいつまでも収まらない場合は専門医に相談するのが良いでしょう。

避妊と関係なく体の調子を整えるために続けて飲んでいきたい人には、なるべく安く購入出来る方が良いと思いますが、中にはただ安いだけで品質に問題があるものを扱っている悪徳業者などもいるので、購入する際はしっかりと見極めることが望ましいでしょう。

トップページへ