トリキュラーをはじめとする避妊剤でのしびれ

避妊剤は「低用量ピル」とも言われ、妊娠を希望しない女性に広く使われる女性ホルモンの薬です。疑似的に妊娠状態を作り出し妊娠を防ぐという形のもので、その代表的な商品名がトリキュラーです。他にも何種類かあり成分やその含有量が異なることもありますが、基本となる使い方は同じです。低用量ピルは避妊目的で用いられるほか医療において重要な側面がもう一つあり、それは子宮内膜症や無排卵周期症などの病気の治療に用いられるというものです。これらはホルモンバランスを適切にすることで回復に導くことができ、トリキュラーなどと同じ成分のもので医療用に作られ保険適用となっている薬もあります。これら避妊剤を用いて治療を行う上で、注意しなければならないことが副作用です。通常、低用量ピルにおいて最も出やすく注意が必要なものは吐き気ですが、服用を継続することで軽快・消失することも多くあまり大きな問題にはなりません。発生頻度は低いものの、重篤なものになる可能性があるものとして重要なものが血栓症です。ピル製剤の服用で発現頻度が上がることが報告されていて、その初期症状は下肢の急激な痛みや腫れ、息切れ、頭痛、手足の脱力感やしびれなどです。特徴のある症状としてこれが、という症状があるわけではなく、痛みやしびれなどは別の疾患でも生じることが多いため症状からの判断は難しい場合もありますが、受診し医師の診断を受ければ鑑別は容易です。放置することが重篤な影響につながることがありますので、トリキュラーなどの避妊剤を用いる場合には、こういったしびれ、痛み、息切れなどの初期症状を放置せず気になる症状があれば医師、薬剤師に相談するということが大切だと言えるでしょう。

トップページへ